ホームLINEマーケティング:4つのツールで顧客増加、ターゲットリーチ、正確なリターゲティングを実現

LINEマーケティング:4つのツールで顧客増加、ターゲットリーチ、正確なリターゲティングを実現

LINEマーケティングは「高いインタラクション率」と「ユーザーデータを収集しやすい」という2つの特徴があり、その中で最も使用されており、最も行動データを収集しやすい機能は、LINEリッチメニュー、LINEリッチメッセージ、LINE抽選、LINEキーワードAI応答メッセージです。本文ではこの4つの機能及び活用シーン、成功事例をご紹介します。

LINEリッチメニュー

ツール紹介

LINEリッチメニューとは、LINE公式アカウントのトーク画面下部にタップで表示されるメニューです。画像と目立つ文字とを合わせることで、何もない入力欄よりも人目を引くことが出来、より印象に残ることができます。

活用シーン

画像内にある様々なブロックの中にハイパーリンクを入れることで、希望の場所に消費者を連れて行くことができます。例えば、ワンタップで商品ページやキャンペーンページ、特価商品ページ、カスタマーサービスなどへ繋ぐことで、消費者の行動を追跡でき、効率的にコンバージョン率をアップさせることにも繋がります。

例の一

LIne行銷案例圖文選單
**こちらは台湾のブランドが使用している中国語バージョン

例の二

ファッションシューズブランドであるFM Shoesさんはリッチメニューのボタンをタップ後に自動的にタグを付けされるように設定し、ファッションシューズブランドであるFM Shoesさんはリッチメニューのボタンをタップ後に自動的にタグを付けされるように設定し、Crescendo Labのオートマチックジャーニー機能を使用することで、以下のような自動化されたダイアログがスタートします。お客様が「靴を探す」をタップ>タグを付けて8時間を待ち>直リンクで新商品及び人気商品をプッシュします。このように購入率が高いお客様を見つけ、メッセージでインタラクションを行い、消費者がお気に入りの靴を見つけられるようにします。結果は広告の費用対効果(ROAS)が31になり、最後にプッシュしたリンクも14.6%のメッセージクリック率に導きました。

lIne行銷案例:FN shoes
**こちらは台湾のブランドが使用している中国語バージョン

LINEリッチメッセージ

ツール紹介

LINEリッチメッセージとは画像とテキスト情報で構成されたメッセージで、画像にリンクを設定することで、消費者を商品ページやキャンペーンページ、特価商品ページなどへ誘導する機能です。テキストを使わなくても、魅力的な商品画像にマーケティングポイントを加えることで、簡単にクリック率をアップさせ、ショッピングへと誘導することができます。

活用シーン

新商品発売プッシュや商品キャンペーンプッシュ、オンライン・オフラインキャンペーンプッシュ、Crescendo Lab MAACバックエンドのカゴ落ちリターゲティング機能など。

line行銷案例:圖文訊息
**こちらは台湾のブランドが使用している中国語バージョン

LINE抽選

ツール紹介

Crescendo Lab MAACバックエンドの抽選機能にはラッキー抽選やスロットマシン、ルーレット、モノポリーなど様々なミニゲームを用意しています。このような面白いミニゲームは消費者のキャンペーンへの参加意欲を向上させるだけでなく、お友達にすすめて一緒に遊んでもらうことで、キャンペーンへの参加率を向上させ、より多くの人にブランドを知ってもらうことができます。ブランド側にとっては、キャンペーンへの参加率を高めることで、売上を増やす可能性が高まります。それに加えて、ブランドへのリーチを向上させ、会員メンバーを増やすことで、より多くの人に製品をアピールすることができます。キャンペーン終了後に、ユーザーのクーポン使用率のデータを集めることもできるため、キャンペーンの効果を判断することができます。また、どんな消費者が実際にLINEのミニゲームに参加したのかを追跡することもできます。それによりブランドへの認識をさらに深めたり、クーポンなどの特典を貰ったことで公式サイトの製品をより多く閲覧してもらったり、ブランド側が次回のキャンペーンやイベントを企画する際に、より正確に消費者の好みを把握するのに役立ちます。

活用シーン

クーポン配布抽選、元日ラッキー抽選

LINEキーワードAI応答メッセージ

ツール紹介

LINEキーワードAI応答メッセージは皆さんお馴染みのLINE自動メッセージで、非常に広く使われているツールです。この機能はLINEロボット全体の基礎的な動作機能とも言えます。ユーザーが入力したメッセージや、リッチメニュー、リッチメッセージをタップした後に出てくるメッセージに対して自動応答で起動されます。一問一答の形式で、消費者はまるで人と会話、インタラクションしているように感じます。

活用シーン

カスタマーサービス、インタラクション型テスト、アンケートなどのシーン

終わりに

LINEマーケティングの応用は非常に多様化しているため、先にマーケティングの目的を決めてから、どんなツールでマーケティングの目的を達成するかを考えることをオススメします。目標が達成したか否かにも関わらず、効果を振り返えり、集めたデータをカスタマーインサイトとして活用し、ブランド側の次のキャンペーンを最適化することが重要です。Crescendo Lab MAACプラットフォームのプレミアム機能と組み合わせることで、簡単に毎回のキャンペーンで理想なインタラクション形式を作り上げ、さらにクリック率、コンバージョン率、メッセージ開封率を含めた消費者の行動データも集められ、あなたの基礎顧客管理(CRM)とすることができます。

MAACについてさらに詳しくはこちらで!

相關文章

最新文章