ホーム成功事例【導入事例】LINE公式アカウントのクーポン管理術! ft. PALLADIUM

【導入事例】LINE公式アカウントのクーポン管理術! ft. PALLADIUM

今回の利用企業:PALLADIUM台湾 (以下「PALLADIUM」と称する)

ブランド紹介:PALLADIUM(パラディウム)とは

1920年フランスで創業した「PALLADIUM」は、18〜36歳の男女をターゲットに、都市の廃墟で履くシューズという着用シーンをイメージして、ファッション性と機能性を持ったブーツを製造してきました。長い歴史を持つPALLADIUMは、ここ最近ブランドマーケティングの一環として、顧客との長期関係を経営するためのLINE公式アカウントを設立しました。

PALLADIUMはどんな手法でLINE公式アカウントを運営しているのでしょうか?早速見て行きましょう!

① LIFFを応用し、顧客と祝日に合わせたゲームをする

2021年旧正月の間に、PALLADIUMはCrescendo LabのLINE MAツール「MAAC」を通じて「新年ルーレット」をセットアップしました。ルーレットの6つの賞にそれぞれの数量・確率・クリエイティブをカスタマイズで用意できる上、参加するユーザーにつける「牛年ルーレット_スタート」のタグも簡単に準備完了でした。イベントで、消費者がアカウントにあるLIFFウィンドウに入ると、「START Drawal」のボタンをクリックしてルーレットを始められます。この企画で、PALLADIUMは何千人もの人々とオンラインで楽しくインタラクションすることができました。

ルーレットを作りたい?MAACの「拡張機能 – ゲームテンプレート」をご参照。

PALLADIUMの「牛年ルーレット」

② オンラインでクーポンを贈って引換リターゲティングを行う

PALLADIUMが「Earth Day地球環境保護の日」を推進していた際、消費者はクーポンをすぐに使えなかったり、引換を忘れたりしますし、LINE公式アカウントのメッセージに流されることもよくあります。しかし、以上の状況がっても、消費者は心配ありませんでした。なぜなら、PALLADIUMがリッチメニューに設置したマイ・クーポンを通じて、消費者は「NEWクーポン」や「期間切れクーポン」をチェックすることができます。

詳しくは「MAAC賞品管理:1分でできるLINEポイント&クーポン送信」をご参照。

PALLADIUMの賞品送信画面と機能画面

③ ストア別のセグメント配信で、正しいメッセージを正しい人に送る

PALLADIUMの店舗は台湾全土に分散しているため、LINE公式アカウントからメッセージを配信する際にはセグメント配信機能を活用し、「台北京站店、板橋中山店」などの店舗専属タグで友だちをセグメントし、それぞれの支店の忠実な顧客に相応しい内容を送信することで、アカウントのブロック率を大幅に減らすことに成功しました。

終わりに

LINE Messaging APIとの接続を介して、Crescendo LabはPALLADIUMの「オンライン宝くじ」と「賞品収納」のニーズを満たしました。以前ブランドが友だちにクーポンを送信する際に、クーポンがさまざまなメッセージに混ぜてしまうので、スルーされるとともに利用率が極めて低かったです。しかし、PALLADIUMの洗練された応用で、消費者がクーポンをチェックしたい時は、ワンタップで全ての特典及び有効期限を目にすることができるようになりました。

LINEの応用シーンが多様化していく中、目を引くインタラクション体験は友だちを増やすことの第一歩であり、その後は公式アカウントの友だちを維持し、ブロック率を減らすのがポイントです。

相關文章

最新文章