ホームLINEマーケティングLINE公式アカウントでブロックされないための運用方法

LINE公式アカウントでブロックされないための運用方法

LINE公式アカウントの運用を行う際に、メッセージ配信直後にブロックしている人数が増えているのを気にしている方は意外と多いのではないでしょうか?

ブロックされる理由を理解し、配信頻度や配信時間、メッセージの内容について再度見直すことで、友だち追加してくれたユーザーからのブロックを防ぐことができます。

この記事では、LINE公式アカウントでブロックされないために押さえておくべきポイントについてご紹介します。

LINE公式アカウントのブロックとは

ブロックとは「特定の相手からのLINEの通話やメッセージを受け取らないようにする」ことを言います。

LINE公式アカウントの友だち追加が簡単にできる反面、ユーザー自身が通知が不要になったタイミングでいつでもブロックすることができます。

ブロックされてしまうと、LINE公式アカウントからの情報をユーザーが受け取れなくなり、クーポンやお得な割引情報などをユーザーに見てもらうことができません。その結果、LINE公式アカウントの運用効果にも影響を及ぼします。

平均的なブロック率は20~30%

LINE公式アカウントの平均的なブロック率は20〜30%と言われています。LINE公式アカウントを運営しているブランドにとって、ブロック率という数値は運用が成功であるかどうかを把握する目安にもなります。ブロック率が高いということは、ユーザーとのコミュニケーションに問題が生じていることが考えられます。

また、ブロック率の平均はLINE公式アカウントの種類により異なるため、以下の表を参考にご覧ください。

LINE公式アカウントの種類による平均ブロック率

ブロックされる主な理由

① 登録した店舗やそのサービスを利用する機会がない

友だち限定クーポンやプレゼントを受け取るために友だち登録したものの、アカウント自体には興味がなく今後のサービスを利用しないという理由でブロックに至るケースがあります。

店舗の利用やサービスを受ける機会がなければ、必然的に友だち登録をしている意味がなくなります。先ほどの表でお伝えした通り、「LINEスタンプキャンペーンを開催したことのあるブランド」が70%と高いブロック率を叩き出しているため、ターゲットオー ディエンスの設定自体を見直すことが必要になる場合もあります。

② 配信数が多い・配信のタイミングが悪い

LINEはメッセージを送ると相手に通知が届き、LINEアプリを開いてメッセージを確認する流れが一般的です。配信頻度が高いと頻繁に通知が届いてメッセージを確認する手間が増えるため、どんなに有益な配信内容でも煩わしく感じるユーザーが多いです。

また、メッセージの通知が会議中や夜中に送られてくると不信感にも繋がり迷惑にもなるため、配信数が多く、さらに配信のタイミングが悪いとそのままブロックされる可能性が高くなります。

③ 配信内容に魅力を感じない・興味がない

「自分の住まいとは異なる地域の情報が届く」「自分の年齢層とは異なる商品内容が届く」など、ユーザーにとって興味がないメッセージが続くと、配信自体を煩わしく感じ、アカウント自体の興味も薄れてしまうため注意が必要です。

LINE公式アカウントのブロックを防ぐ方法

① セグメント配信で配信先の友だちを絞る

「自分に関係がない」と思われる情報は、なるべく配信しないようにすることが重要です。LINE公式アカウントには、絞り込み配信という機能があり、あらかじめ属性(性 別、地域、年代など)を絞り込んで該当する友だちのみにメッセージを配信することができるため活用することをお勧めします。

また、LINE公式アカウントが提供する、「属性」と「オーディエンス」で絞り込み配信をする機能以外の方法を試したい方には、友だちの忠実度(買上が何円以上か、店舗来訪回数は何回以上か)や紐付け状態(友だちが公式サイトの会員を登録してるかどうか)によりセグメント配信ができるLINE公式アカウント機能拡張ツール「MAAC」の「セグメント配信」を使用してみてください。

MAACとLINE Official Account Managerの違いについて

さらに見る:LINE公式アカウントのセグメント配信とは?【効果を高める応用術】

② 配信数・配信時間の最適化を図る

メッセージの配信頻度が極端に高い場合、ユーザーに煩わしいと思われブロックされる可能性が高くなりますが、配信頻度が低すぎてもユーザーとの距離が離れてしまうため、週に2回を目安に配信をしてみましょう。

また、配信のタイミングは業界により異なりますし、ユーザーの習慣も人それぞれであるため、「何曜日の何時がベスト」という判断をするのは難しいです。そんな時に、LINE公式アカウント機能拡張ツール「MAAC」の「スマート送信機能」を活用すれば、それぞれの友だちの最適送信時間を測ることができます。

③ クーポンや割引情報など、魅力的な内容の配信をする

ユーザーが求めているクーポンやお得な情報がメッセージとして届くことでユーザーから有益な情報として認められ、これからもメッセージを受け取りたいと思いブロックされる可能性は低くなります。

④ 通知オフの機能についてあらかじめ伝えておく

メッセージを受け取ることや配信内容に問題がなくても、鳴りやまない通知音が気になる方も多いのではないでしょうか。

通知については、あいさつメッセージの段階であらかじめ通知オフの機能について丁寧に説明することで、ブロックを回避できる可能性が高くなります。

まとめ

いかがでしたか?

この記事では、LINE公式アカウントを運用する際に、ブロックされないための方法についてご紹介しました。

友だち追加してくれたユーザーからブロックされないためには、セグメント配信の活用、配信数・配信時間の最適化、ユーザーにとって魅力的な情報の配信を行うことを徹底することで、ブロック率低下に繋がります。

ぜひ、参考にしてみてください。

グローバル企業が使うLINE公式アカウント活用ツール

MAAC

LINE公式アカウントの機能拡張MAツール「MAAC」は全世界400社以上のクライアントに提供されています。年間約30億通以上のLINEメッセージがMAAC上で配信されます。

オンライン/オフラインを横断した行動追跡による顧客理解と、AIにより提供されるLINE上での効果的なメッセージ配信により、LINE上での企業とユーザーの持続性のある関係性の実現を支援しています。最終的には自社サイトや店舗への誘導または購入等を促し、ビジネスの成長に貢献します。

MAACを開発するクレッシェンド・ラボについて:https://www.cresclab.com/jp

相關文章

最新文章