ホームLINEマーケティングLINE公式アカウントで友だちを増やす方法とは【運用効果を高める】

LINE公式アカウントで友だちを増やす方法とは【運用効果を高める】

LINE公式アカウントを運用する際に、友だちの数だけを増やしていくのではなく、運用効果を高める友だちの増やし方について、気になっている方も多いのではないでしょうか?

LINE公式アカウントの友だちを増やすことで、ウェブサイトや店舗への集客、商品やサービスの認知度が広がり、売り上げ増加にも繋がります。

この記事では、LINE公式アカウントの友だちを増やす方法や運用効果の高め方、友だちを増やす際の注意点についてご紹介します。

LINE公式アカウントで友だちの数を増やす方法

① LINE公式アカウントのURLやQRコードをあらゆる場所に表示する

店頭POP・チラシ・スタッフからの声掛け

店舗へ来店するお客様に声掛けをすることで、友だち登録をする状況を作ることができ、リピーターの確保にも繋がります。

具体的な方法を以下に記載していますので、参考にご覧ください。

  • 会計用トレーに友だち追加用QRコードを貼る
  • 店内に公式アカウントのポスターやPOPを掲示する
  • スタッフから会計時に「LINE公式アカウントのお友だち登録をしていますか?」と声掛けすをる

友だち登録の特典として商品やクーポンをプレゼントしたり、キャンペーン等を実施することで登録者数の増加が見込まれます。

また、名刺にLINEのQRコードを記載することで、名刺を渡した相手にアプローチできたり、後日改めてお礼メッセージを送る際にLINE公式アカウントの案内を添えるアプローチすることもできます。

ウェブサイト・メルマガからLINE公式アカウントへ誘導する

自社のウェブサイトやメルマガからLINE公式アカウントに誘導することで、多くのユーザーに友だち登録を促すことが可能です。

「友だち登録ボタン」「QRコード」「友だち追加URL」の設置のみで簡単に登録できるため、費用もほとんどかけずに行うことができます。

自社のウェブサイトやメルマガ配信を利用しているユーザーに働きかけることができ、友だち追加キャンペーンと併用することでユーザーが得られるメリットも増えます。

他のSNSにLINE公式アカウントへの誘導リンクを設置する

TwitterやInstagramなど他のSNSを運用している場合は、LINE公式アカウントへの誘導リンクを設置することで、SNSを通じてサービスや商品に興味を持っているユーザーが友だち登録してくれる可能性があります。

例えば、Twitterから友だち登録してくれる人が多いのであれば、TwitterでLINE公式アカウントの宣伝をすることで、より効果を高めることができます。

② LINEプロモーションスタンプのサービスを活用する

友だち登録をしてくれた方に、無料でダウンロードできるスタンプを配布したり、LINEプロモーションスタンプのサービスを活用する方法です。

人気の高いキャラクターやクリエイターとコラボレーションすることで、ユーザーの興味を引くことにも繋がり、数十万人単位の友だちが得られます。

③ 友だち追加のインセンティブを作る

友だちの数を増やすには、そもそも「友だち追加をするメリット」をユーザーにアピールしなければなりません。メリットを感じさせないと、一回追加した後にすぐブロックされてしまう可能性も高くなるため、それぞれの機能を上手く活用してユーザーを飽きさせないことが重要です。

そこで、弊社ツールの「MAAC」で実施できる「インセンティブ」を中心とした三つの方法をご紹介します。

クーポンなどのインセンティブを贈る

LINEポイントをインセンティブにし、ユーザーにLINE公式アカウントを追加してもらう手法です。MAAC賞品管理機能を使えば、LINEクーポンや会員ポイント、割引クーポンなどの、インセンティブを贈ることもできます。

賞品管理とマイ・クーポンなどを含む「インタラクション機能」の紹介 >

MGM(メンバー・ゲット・メンバー)

既存の友だちに、周りの友だちに公式アカウントを追加してもらうようにキャンペーンを行うのも効果的です。

店頭で招待済みの画面を店員に見せてもらう手法もありますが、工数を減らしてクリエイティブ性の高い手法を試してみたい方は、ぜひMAACの「友だちおすすめ機能」を使ってみませんか?

友だちおすすめ(MGM)などを含む「インタラクション機能」の紹介 >

LINEで懸賞ゲーム

LINEでカスタマイズのミニゲームができたら、多くの人の関心をひくこともできます。MAACのゲーム機能を使って、ガチャポン、ルーレット、モノポリーを含む5つのゲームを友だちにプレイさせることで、顧客に公式アカウントを追加したい気持ちを引き出すことにも繋がります。

ゲームなどを含む「インタラクション機能」の紹介 >

友だちを増やすことにおける注意点

やみくもに友だちの数だけを増やすと、運用効果を得られないアカウントになる可能性があるため、友だちを増やすことにおける注意点についてご紹介します。

① フリープランの場合、やみくもに友だちを増やすと効果が薄れる可能性あり

LINE公式アカウントのプランで、課金なしで利用できる「フリープラン」の場合、友だちの数を増やしすぎると配信効果が薄れる可能性があります。

フリープランの場合、メッセージを無料で送信できる数が1,000通までと限られているため、追加課金によるメッセージ配信ができません。

例えば、フリープランで友だちの数が1,001人とした場合、メッセージを配信できる人数は1,000人となります。

友だちの数が増えても、メッセージを配信できないのでは運用効果を得ることができないため、友だちの数が1,000人を超える際は、有料の「ライトプラン」と「スタンダードプラン」を検討する必要があります。

② ブロック率・友だち解除率が多い場合は集客方法を見直す

LINE公式アカウントは、どれほど上手く運用してもブロック率や友だち解除率が10〜30%と言われています。 

配信内容がどんなに良いものでも、友だちになったユーザー全員が同じ情報を求めているわけではないため、ターゲットのニーズに合う配信内容であるかを見直すことが必要不可欠になります。

目安として、ブロック率や友だち解除率が30%を超える場合は、必ず友だち登録を促す施策をもう一度検討してみましょう。

③ 友だちの数を非表示にできない

LINEの機能では、プロフィール画面に表示される友だちの数を非表示にすることができません。

また、アカウント名の下に表示されている数字には、ブロック済みや解除済みのユーザーの数も含まれているため、メッセージの送信先となる正確な友だちの数は正確な数字ではありません。

正確な友だちの数を調べる際は、LINE管理画面の分析タブにある「友だち」から見るようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?

この記事では、LINE公式アカウントの友だちを増やす方法や運用効果の高め方、友だちを増やす際の注意点についてご紹介しました。

LINEそのものに搭載されている機能を活用したり、スタッフからお客様への声かけや、視覚から情報を入れるためのポスターやPOPなど、様々な方法があります。

ぜひ、参考にしてみてください。

グローバル企業が使うLINE公式アカウント活用ツール

MAAC

LINE公式アカウントの機能拡張MAツール「MAAC」は全世界400社以上のクライアントに提供され、年間約30億通以上のLINEメッセージがMAAC上で配信されます。

オンライン/オフラインを横断した行動追跡による顧客理解と、AIにより提供されるLINE上での効果的なメッセージ配信により、LINE上での企業とユーザーの持続性のある関係性の実現を支援しています。最終的には自社サイトや店舗への誘導または購入等を促し、ビジネスの成長に貢献しています。

MAACを開発するクレッシェンド・ラボについて:https://www.cresclab.com/jp

相關文章

最新文章