ホームUncategorizedLINE CRM活用策:MAACの既読リターゲティング機能とは

LINE CRM活用策:MAACの既読リターゲティング機能とは

既読リターゲティングとは?

EコマースにとってLINEはブランドの潜在顧客を集め、増やすことができる最高の場です。しかし、ブランド側としては、このような潜在顧客の中から特定の商品に興味を持つ人を見つけ出し、購入を躊躇っている人々に注文してもらうにはどうすれば良いのかと悩んでいることが多いです。MAACの「既読リターゲティング機能」はそのために誕生したツールです。「もう少し検討する」や「あとでゆっくる見る」といった購入を躊躇したまま失ってしまう可能性が高い顧客に対して、パーソナライズされたLINE通知を行い、そういった方々の購入意欲を喚起させます。

MACCオリジナル機能:既読リターゲティング機能とは?

MAACは開封数を追跡する機能があり、ブランド側はどの友だちが送信メッセージを実際に「クリック」したかを把握することができます。次のプッシュ通知では、メッセージを開封したがインタラクションが発生しなかったユーザーを絞り込み、リターゲティングを行うことができます。このような潜在顧客を捉え、セグメントを重ねることで、最も低いコストで最も価値がある顧客にメッセージを送信することができます。

特点1:多様なメッセージテンプレートをサポート

MAACは7種類のメッセージテンプレートで既読リターゲティング機能をサポートしています。リッチメッセージ、カードタイプメッセージ、画像カルーセル、ラージ画像カルーセルなど、ブランド側に人気のテンプレートが含まれています。セグメント配信を送信後に、開封数・開封率・クリック率などの詳細なデータを一覧で確認することができます。マーケティングのプロセスごとに記録を追跡することで、プッシュ通知の成果を最も現実的且つ詳細に現すことももちろん可能です。

特点2:既読と未読に応じたセグメントについて

既読・未読されたメッセージのセグメントを把握するすれば、マーケティング戦略がより一層全面的になり、次のキャンペーンで潜在顧客が注文できる環境を前もって作り上げます。例えば、商品に興味を持っている消費者に対し、送料無料のリマインダーをするだけで、注文につながる可能性があります。また、商品がすぐに売れ切れてしまい、ユーザーが購入できなかった場合、再入荷の際にプッシュメッセージを送信することが一番のプロモーションセールになります。その一方で、メッセージが未読のままのセグメントを絞り込み、別の視点からアプローチすることで、その方々の注目を集めることもできます。

終わりに

多くのブランドはカゴ落ちメッセージの手軽さと効率をすでに体験していますが、MAACはそれ以上に、より多くのマーケティングの視点を提供したいと考えました。アカウント作成から開封、クリック、購入に至るまで、より多くのトラッキングポイントを開発することは、あらゆるデータを把握し、消費者が残したいかなる痕跡をも見逃さない、最もマーケティング価値があるLINE CRMを作り上げるためです。

既読リターゲティングは定型的なメッセージ通知に限らず、MAACを使用することで、ブランドイメージや商品タイプ、顧客タイプなどに応じた、様々なメッセージテンプレートでインタラクションすることができ、即座に顧客の購入意欲を呼び覚ますことができます。

日々のセグメント配信後に、高精度の既読リターゲティングを行うことで、コンバージョン率をさらに向上させましょう。

相關文章

最新文章