ホームPRクレッシェンドラボ、「LINE配信コストの値上げに伴い企業は取るべき手法について」のウェビナーを開催

クレッシェンドラボ、「LINE配信コストの値上げに伴い企業は取るべき手法について」のウェビナーを開催

クレッシェンドラボジャパン株式会社|2022 年 12 月 16 日

クレッシェンドラボジャパン株式会社(以下クレッシェンドラボ)は12月15日にウェビナー「LINE 配信コストの値上げに伴い、企業が取るべき手法とは?【クレッシェンドラボ 第一弾+プロダクトローンチ】」を実施しました。

LINE 配信コストの値上げに伴い、企業が取るべき手法とは?
【クレッシェンドラボ 第一弾+プロダクトローンチ】

LINE社より新発表された「料金プラン改定及び日割り廃止」により、LINE公式アカウントの料金プランは来年2023年6月改定され、無料で送信できる通数が減ることから、実質の値上げとなる見込みです。そこで、今回クレッシェンドラボでは、LINE公式アカウントを運用されている企業、代理店の皆様に向け、今回のイベントを開催しました。

イベントでは、まずLINE公式アカウントへの高い知識と豊富な経験を備えたLINEの認定講師であるLINE Frontliner 野尻氏より、業種、規模に関係なく、LINE公式アカウントの料金値上げの経緯、及び企業側におすすめする対策についてお話しいただきました。その次に、トレジャーデータの小林氏より、膨大な顧客データをLINEで活用されることをご検討されている企業様向けに、CDPを活用したセグメント配信の重要性や方法、事例についてお話しいただきました。そして最後に、クレッシェンドラボの猪股氏よりLINEで精度の高いセグメントから正確なタイミングまでのセグメント配信を実施する方法をについてお話ししました。

■クレッシェンドラボジャパン株式会社 概要

所在地:〒106-0032 東京都港区六本木7丁目21-24 THE MODULE 307

代表者:猪股 唯耶

連絡先:contact.jp@cresclab.com

WEBサイト:https://www.cresclab.com/jp

概要:LINEマーケティングオートメーションツール「MAAC」/ LINEカスタマーサービスツール「CAAC」の開発と提供

設立年月日:2022年1月

相關文章

最新文章